ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

4,972PV

0602_scl

【期間】2014/6/2(月)11:00~6/5(木)10:59

 【ご注意】チュートリアル中に引けるレアスクラッチは本キャンペーンの対象外となります。

大人気ユニット「オズの魔法使い」と「六魔将」たちの的中率が超絶×2UP!
欲しいユニットを手に入れる大チャンスをお見逃しなく!


ユニット特徴
オズの魔法使い

高いHPと手札を全て該当する属性パネルに変化させるアクティブスキルを持つのが特徴だ。

オズ(☆5)

進化するとリーダースキルとして「味方の炎属性ユニットの攻撃力が2.5倍になる」ファイアライズ:アサルトIIIを持ち、アクティブスキルとして「手札が全て炎パネルになる」オールレス:ファイアで攻撃に特化したパーティーを構成できる「オズの魔法使い」たちのリーダーを名乗る道化竜!

ドロシー(☆5)

アクティブスキルとして「手札が全て闇パネルになる」オールレス:ダークとノーマルスキル2として「HPを15%回復する」メルヘン・ペインを持ち、攻撃と回復を兼ね備えた優秀なユニットだ!

六魔将

高いHPと攻撃力を持ち、特殊なパッシブスキル・アクティブスキルを持つユニットが多いのが特徴だ。

ムラサメ(☆5)

進化するとリーダースキルとして「味方の魔物族ユニットのHPと攻撃力が2倍になる」デモンライズ:シフトIIを持ち、ノーマルスキル1の「HPを10%回復する」エナジーヒール:アクアIIで回復を。
必ず発動するパッシブスキル「受けたダメージの50%を水属性攻撃で相手に返す」ムラサメ流抜刀術で安定した防御性能を誇るぞ!

ナキリ(☆5)

パッシブスキル「HPが最大の時、自分の攻撃力が2倍になる」フルライフ:アタック200と併用して繰り出されるアクティブスキル「HPが1になるが、敵全体を攻撃力×75倍の無属性で攻撃する」居合い斬りの威力は絶大!


超絶×2アップ 対象ユニット
属性 レア度 名前 詳細
   ☆5 激レア  ヒメヅル 詳細 >>
  オズ 詳細 >>
☆5 激レア ムラサメ 詳細 >>
  トト 詳細 >>
☆5 激レア ヤスツナ 詳細 >>
  カカシ 詳細 >>
☆5 激レア ライキリ 詳細 >>
  レオン 詳細 >>
☆5 激レア ムラマサ 詳細 >>
  ドロシー 詳細 >>
☆5 激レア ナキリ 詳細 >>
  ブリキ 詳細 >>

→レアスクラッチで出現するユニットはこちら



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(14)
  • No.
    1

    これはやるしかないッッッッ


  • No.
    2

    カカシ!カカシ狙いたい!


  • No.
    3

    ドロシーは欲しいんだけどほかのオズシリーズはもってるし、
    六魔将はムラサメとライキリ以外はあるからなぁ・・・今回も様子見だな。


  • No.
    4

    なけなしの15枚でミスティ・アネモネ・プチランだった
    リセマラを決意した瞬間だった


  • No.
    5

    ムラマサ、ヒメヅルが欲しい。そしたら魔将コンプ出来るんだが……うん、我慢するよ

    春夏秋冬@魔物女子を愛する変態

  • No.
    6

    ナキリとドロシーが親子に見える


    • No.
      6.1

      髪の色も絵師も同じですし自分も親子に見えましたw


  • No.
    7

    9連1回と単発9回ひいて…イフリート アング ガウェイン
    六魔将どころかスク限の魔物 たったの1体も持ってない
    ファティマ持ってるから現状困ってないし 今後シフト4のキャラが追加されるまで課金しないことにします


  • No.
    8

    ドロシー欲しくて回したらサッドとヘンペルさんだった…
    サッドはギル姉に使えるからいいけど


  • No.
    9

    スクラッチ運なさすぎてつらい。多少楽したいのに生活がどんどん苦になっていくよ


  • No.
    10

    ナキリナキリナキリナキリナキリナキリナキリナキリナキリナキリ


  • No.
    11

    オズはコンプしちゃってるから別々にして欲しかったなぁ…
    ナキリ欲しいんじゃ〜


  • No.
    12

    ディバゲの確立アップほど実感のないものはない


  • No.
    13

    お願いだから妖精さんは下げてほしいんじゃ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ