ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

5,374PV


再醒ユニット『巧咲精ロビン』
ごめんなさい、私が上手く出来なかったせいで。天界へ戻ったロビンはうつむいていた。ううん、あなたのせいじゃないよ。笑顔で迎える光妖精王。あぁ、嬢ちゃんはよくやった。ニヤリと笑みを浮かべる堕魔王。だから、これからもオレ達に協力してくれ。そして、そんな優しさに応える為、巧咲精は武器を手にした。


ステータス
No.2098 巧咲精ロビン
属性 種族 妖精
最大LV 99 コスト 35
レア度 ☆7 最大EXP 8000000

  初期 最大 最大+99
HP 1844 4150 5140
攻撃 1302 2344 2839


スキル
Leader 巧咲の精
妖精族のHPが3倍、攻撃力が2倍。さらに、ヒールスキルが成立した時、攻撃力が1.5倍になる
Active フェアリィダンスナイト
ターン:35 → 30
敵単体を攻撃力×35倍の光属性で攻撃する。さらに、3ターンの間、味方の妖精族ユニットの攻撃力が2倍になる
Nomal1 フローリッシュポーレン
敵単体に光属性の特大ダメージを与える
Nomal2 ハートフルレイド
敵全体に光属性の超絶大ダメージを与える
●特性:味方が防御アップ状態なら、代わりに極大ダメージ


リンクスキル
BONUS 初期 最大 最大+99
HP 234 905 1103
攻撃 29 113 212

RACE 妖精
HP+1000
LINK SKILL スターゲイザー
[S.AVE/20.5% → 41%]
敵単体に光属性の特大ダメージを与える
LINK PASSIVE リンクパネルアップ:ライトハートⅢ
光パネルと回復パネルの出現率が4%上がる

リンク素材
素材 虹のスピリリンカー スピリリンカー ピカゲコー
コイン 2597660
解除 181836



再醒ユニット『彗青眼魔ディアブロ』
お勤めご苦労さま。代表の席を外れた彗青眼魔ディアブロにかけられた言葉。話し合いなど、やはり机上の空論に過ぎない。俺も戦場へ行かせてもらう。だったら、あなたは彼について行ってもらえるかしら。そこには、王の椅子から立ち上がった堕精王がいた。そして、その言葉には二通りの意味が込められていた。


ステータス
No.2097 彗青眼魔ディアブロ
属性 種族 魔物
最大LV 99 コスト 35
レア度 ☆7 最大EXP 8000000

  初期 最大 最大+99
HP 1628 3663 4653
攻撃 1611 2900 3395


スキル
Leader 彗青眼の魔
魔物族のHPが3倍、攻撃力が2倍。さらに、味方の1パネルスキルが成立した時、攻撃力が1.6倍になる
Active ペインズヒールⅡ
ターン:35 → 30
敵単体を攻撃力×30倍の水属性で攻撃し、ダメージ分HPを回復 3ターンの間、味方の魔物族ユニットの攻撃力が2倍になる
Nomal1 マーラ・サード
敵単体に水属性の特大ダメージを与える
●特性:味方が攻撃アップ状態なら、代わりに超特大ダメージ
Passive ハンズヒール11/35
攻撃時のHANDS数が11以上のとき、HPが35%回復する


リンクスキル
BONUS 初期 最大 最大+99
HP 293 1131 1329
攻撃 0 0 99

RACE 妖精
攻撃力+20%
LINK SKILL マーラ・サード
[S.AVE/20.5% → 41%]
敵単体に水属性の特大ダメージを与える
LINK PASSIVE リンクパネルアップ:アクアハートⅢ
水パネルと回復パネルの出現率が4%上がる

リンク素材
素材 虹のデモンリンカー デモンリンカー ミズテルテル
コイン 2597660
解除 181836





只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(5)
  • No.
    1

    ディアプロ使えるな


  • No.
    2

    あああああ

    ロビン欲しいけど持ってねぇ


  • No.
    3

    どっちも3ターン2倍って…強くねーか?
    てわも防御あっぷは基本使わないしなぁ


  • No.
    4

    あー!ディアブロ売るんじゃなかった!!
    ロビンは一応再醒させたけど、このステならディアブロのが欲しいわ!


  • No.
    5

    今に始まったことじゃないけど聖石殿のドロ率どうにかなんないの?つかさ、聖石のドロ率低くするって愚策じゃないかな…再醒しなきゃ弱いままでそもそものイン率プレイ率が下がるわけで…あぁ、聖石落ちねぇよ…


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ