ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

6,067PV

ストーリーまとめ

本日よりディバインゲートにて開催されるストーリーエリアのストーリーネタバレをまとめました。
ネタバレが苦手な方はバック端末のバックボタンで戻ることをお勧めします。

扉の先へ:願いの果て

扉の先へ:願いの果て #1
そこにアーサーはいなかった。アカネたちを見つめていたのは愛を統べし者。彼はもういない、私は彼で、彼は私なのだから。だが、その語り口で伝わった真実。そう、アーサーは飲み込まれたという真実。私と共に、生まれ変わる世界を見届けようか。

扉の先へ:願いの果て #2
ただ、立ち尽くすことしか出来ないアカネたち。愛を統べし者の背後、浮かんでいたディバインゲート。ねぇ、どうして。アオトが気づいた異変。徐々に、その身体が光へと変わるタマ。アイツの心は、もう、どこにも存在しないってことなのかよ。

扉の先へ:願いの果て #3
ふざけんなよ。怒りを隠すことの出来ないアカネ。あぁ、その怒りをぶつけてやればいい。アカネに寄り添うように現れたイフリート。俺が教えてやるよ、オマエが愛した世界は、やっぱり愛すべき世界だった、ってことを。この拳で、教えてやるよ。

扉の先へ:願いの果て #4
大丈夫だよ、彼はきっと帰ってくる。そう声をかけたのはアオトに寄り添うウンディーネ。同じ血が、それを感じているの。ウンディーネに受け継がれた呪い。それもまたアーサーが受け継いでいた呪い。うん、だから僕たちは、僕たちのすべきことを。

扉の先へ:願いの果て #5
ねぇ、師匠。私ちょっとワクワクしてるんだ。だって、私は今から世界を救うんだよ。きっともう二度とない。ううん、二度と起こらないように頑張るね。それでこそ、ウチの一番弟子ネ。それじゃ、思いっきり駆け抜けるよ!

扉の先へ:願いの果て #6
私は信じてる。それがなにか、ウィルオウィスプは尋ねなかった。私が聞きたい言葉は、さよならじゃないんだよ。私が聞かせたい言葉も、そんな言葉じゃない。みんなで一緒に笑い合うんだ。私とパパとママ、父と母と姉、そして、お兄ちゃんと。

扉の先へ:願いの果て #7
そんな表情出来るようになったんだね。ユカリを優しく見つめたシャドウ。ええ、きっと私は変わった。だからみんな、変わることは出来るの。沢山の涙があった、だから私はいまここにいる。そんな沢山の涙を、無駄にするわけにいかないもの。

扉の先へ:願いの果て #8
ドライバを構えたギンジ。みんなが作ってくれた道、最後はめちゃくちゃにぶっ壊してもいいよな。あぁ、いままでよく我慢したな。となりで優しく微笑むゼロ。俺たちは真実を見届ける義務がある。こんな俺でも、イマの世界の希望なんだからよ。

扉の先へ:願いの果て #9
始めようか、終わりの始まりを。最後の審判を。世界に訪れる終わり。生まれ変わろうとする世界。一斉にドライバを構えたアカネたち。俺たちの旅はこれでお終いだ。みんな、いままでありがとう。それじゃ、行こうか。イマの世界を生きるために。

扉の先へ:願いの果て #10
やりたいこともない、夢なんてない、将来なんてどうでもいい。少年はいつも無関心だった。そんな少年が見つけた夢。見つめた将来。俺はイマを生きる。振り下ろされた斧。込められた最高幹部としての責務。それが、あの日の少年のイマの姿だった。

扉の先へ:願いの果て #11
少女は夜が好きだった。訪れる静寂、紫色に染まる街、暗く深い「闇」に包まれていた。だが、刻は過ぎ、少女は優しい闇に包まれていた。死神のごとく、振り払う鎌が切り開く未来。あの日の少女は夜明けを求めた。そう、夜明けの先のイマを求めた。

扉の先へ:願いの果て #12
光輝かう太陽の様な笑顔、少女はいつも笑っていた。楽しい時も嬉しい時も、哀しい時も苦しい時も、笑うことしか出来なかった少女。そんなあの日の少女は、最後まで笑顔だった。振り回される大剣。すべてはそう、イマの世界で笑い合うために。

扉の先へ:願いの果て #13
少女は走る、誰よりも早く、今を駆け抜ける為に。小さくも巻き起こした「風」を身に纏って。あの日の少女が巻き起こした小さな風は、やがて大きな風に。構えられた棍はイマの世界への風穴を開けるために。世界さえも変えるほどの、大きな風へと。

扉の先へ:願いの果て #14
ぽつり、ぽつり、降り出す雨。そんな空をうつろな瞳で眺める少年の空いた心を埋めるように、滴り落ちていた雫。だが、その雫がもたらした恵み。あの日の少年が振るった一対の刀。悲しみの雨空を切り開き、イマの世界へ希望という虹をかけるために。

扉の先へ:願いの果て #15
そして少年は「炎」に出会った。そして少年は「みんな」に出会った。いっぱい転んだ。だけど楽しかった。いっぱい泣いた。だけど楽しかった。思い出すのは、楽しかった出来事ばかり。俺たちはイマを生きるよ。行こう。開かれた扉の、その先へ―。

扉の先へ:願いの果て #16
オズたちが駆けつけたとき、すでに戦いは幕を下ろしていた。立ち尽くすアカネたち6人。目の前に浮かぶディバインゲート。その間に横たわるひとりの男。はは、そんな嘘だ、嘘でしょ、ボクは認めないよ。ねぇ、どうしてだい、ボクは、ねぇ―。

扉の先へ:願いの果て #17
横たわったひとりの男へと駆け寄ったサンタクローズ。そして、呼び続けたのは、あの日に与えられた伝説の王の名前。あの日の僕らはもういない。俺たちはこれからを生きるんだ。お前はもう、頑張らなくていいんだ。だから一緒に帰ろう。聖夜街へ。

扉の先へ:願いの果て #18
アーサーの最後の決断。創醒の聖者に取り込まれ、内側から封じた力。だからこそ、開かれた道。これがキミの描く物語だったんだね。嬉しいよ、結末が見れて。高揚したロキ。それなら、もう満足でしょう。そして、ロキの首に突き立てられた炎の剣。

扉の先へ:願いの果て #19
それじゃあ、行ってくる。アカネたちは振り返ることなく目の前のディバインゲートへ。行ってらっしゃい、少年たち。待っているのは、希望かな、絶望かな。その言葉と共に、燃え上がるロキの体。あぁ、認めよう。ボクたちの負けだよ、サヨナラ。

扉の先へ:願いの果て #20
いつかまた会おう。アカネたちが見送ったのは、扉の中へ消える精霊王。それは差し出した希望であり、受け取った絶望。金色の光と共に消滅するディバインゲート。零れ落ちる涙。泣いてもいいじゃないか。俺たちは、不確かなイマを選んだんだから。

扉の先へ:終章

扉の先へ:終章 #1
―あれから少しの月日が流れた。私たちが選んだイマの世界。閉ざされた聖なる扉は、反発しあう呪いのもと、消滅が観測された。そう、争いは終わった。多くの犠牲と引き換えに、長きにわたる争いは終わったんだ。ひとりの男の最期だけを残して。

扉の先へ:終章 #2
俺は納得できない。ギンジは声を荒げた。がら、これがアツの望んだ結末だ。ギンジを見つめ、そう答えたダンテ。悪いが、俺も納得出来ない。ダンテに対して、そう言葉にしたニコラス。ええ、アタシも出来ないわ。そう続けたのはジャンヌだった。

扉の先へ:終章 #3
僕は、少しだけ分かる気がします。そう口にしたのはオズ。僕はずっと、彼を好きになれなかった。だけど、彼がいたから僕たちの未来は生まれた。そう、これが彼の望みであれば、叶えてあげるべきではないでしょうか。本当に、彼が望むのであれば。

扉の先へ:終章 #4
いまさら、誰が本当のことを信じてくれるのかしら。口を挟んだユカリ。彼は世界の敵だった。そう、だった。だけど、彼がしたことに、弁解の余地はない。それ以外の方法がなかったとはいえ、彼は多くの犠牲を生んだのだから。それは消せない事実。

扉の先へ:終章 #5
じっと俯いていたヒカリが溢した言葉。私は生きて欲しい。一生懸命、これからを生きて欲しい。たとえ、彼がそれを望まなかったとしても、それを望む人は沢山いるんだよ。そして、零れた涙。もう、私は嫌だよ。誰にもいなくなってほしくないよ。

扉の先へ:終章 #6
ヒカリを優しく抱きかかえたミドリ。どうにか出来ないんでしょうか。そんな言葉を口にしたミドリもわかっていた。たとえ、自分たちがその決断を下さなかったとしても、彼は自らこの決断をしてしまうと。やっぱり、こんな最後なんて、私は嫌です。

扉の先へ:終章 #7
訪れた沈黙。交錯するそれぞれの想いと彼の想い。ひいては、生きとし生ける命すべての想い。そんな沈黙を壊したのはイージス。どうか、彼を救ってあげることは出来ませんでしょうか。そう、彼女が救いを求めた先。そこに神才マクスウェルがいた。

扉の先へ:終章 #8
あるよ、ひとつだけ方法が。かすかに生まれた希望。もしもそれを、彼が望んだら、だけど。そう、選んだ不確かなイマの世界に「完全な」などという言葉は存在しない。やっぱり、最後は彼に委ねるしかないんだ。だから、彼の好きにさせてあげなよ。

扉の先へ:終章 #9
これが、僕たちの選んだイマなんだね。そう、わかっていた。イマの世界でも、決して止まることのない涙。僕たちは選んだんだ。そして、僕たちに選ばせてくれたのも彼なんだ。だから、僕たちに出来ることはひとつだけ。初めから、そうだったんだ。

扉の先へ:終章 #10
俺にはわからない。なにが正しいのか、なにが悪いのか。だけど、きっとそういうものなんだと思う。俺たちはこれからも、迷いながら、悩みながら生きていく。そうする以外、道はない。それが俺たちの選んだイマなんだから。あぁ、最後を見届けよう。

扉の先へ:終章 #11
しんしんと降り積もる粉雪。コンコン、扉の鳴る音がした。ガチャ。扉の開く音がした。お待ちしてましたよ。そう優しくエリザベートが迎えたのは11人の影。ご案内しますね。そして、エリザベートは歩き始めた。行きましょう、彼が待つ丘へ。

扉の先へ:終章 #12
雪積もる丘の上、互いに預けあう背中。あの日、世界でいちばん近いふたりは、世界でいちばん遠い場所を見つめ合いながら、ひとつの約束を交わした。そして果たされた片方の約束。次は俺の番だな。立ち上がった片方の男。それじゃ、行ってくるよ。

扉の先へ:終章 #13
残された男はひとり、静かに世界を眺めていた。そんな男の許へ歩み寄る11人。思わず涙が溢れ出たレオラ。お疲れ様でした、ボス。そして、男は振り返った。金色の瞳に映し出された11人の円卓の騎士。ありがとう、最後まで俺を信じてくれて。

扉の先へ:終章 #14
思わず抱きついたフェリス。ずっと、ずっと、ずっとずっと会いたかった。そんなフェリスを優しく抱き締めかえした男。ふたりを見て、優しい笑顔を浮かべたローガンとブラウン。長生きはするもんですな。あぁ、おかげで素敵な光景を見れました。

扉の先へ:終章 #15
あんたが見たかったのは、イマの世界だったんだな。そう溢したロア。ったく、格好つけやがって。同調したラン。だけど、もういいさ。俺たちはいつだって、あんたが見たい景色を見たいんだから。そう、いまも昔も、それは変わってなかったんだ。

扉の先へ:終章 #16
ただ見つめていたヒルダ。いいんですか、彼のこと殴らなくて。そう笑ってみせたアサナ。ふんっ、私だって空気くらい読めるわよ。ふふ、らしくないですね。思い出したかのように、ヒルダは右手を強く握りしめ、そして俯きながら肩を震わせていた。

扉の先へ:終章 #17
ミレンとオリナ、ふたりは肩を並べ、優しく男を見守っていた。ありがとう、アタシはボスが守ってくれた世界を、広い世界を大切にするよ。ええ、とっても素敵な目標じゃな。そして、ミレンがひとり溢した言葉。それならきっと、彼は報われるわ。

扉の先へ:終章 #18
なんて声をかけたら良いかわからないアスル。そんなアスルへ向けられた一言。こんなに、背が伸びていたんだな。それは、近い距離だからこそ言えた言葉。ようやく訪れた幸せな時間。だが、その幸せは長く続くことはない。そろそろ、いいかしら。

扉の先へ:終章 #19
現れたリオ。リオの姿を見てもなお、優しい顔の男。リオの訪れがなにを意味しているのか、わかっているにも関わらず、男は優しい顔をしていた。俺の望みを叶えてくれて、ありがとう。君は決して裏切り者ではなかった。君を迎え入れて良かった。

扉の先へ:終章 #20
もう、思い残すことはないか。その言葉とともに現れたライル。あぁ、ないと言えば嘘になるな。男はそう答えた。なら、その選択をすればいい。目を合わせようとしないライル。そう、ライルはその選択をさせたかった。―行こうか、処刑の時間だ。

扉の先へ:愛する世界

扉の先へ:愛する世界 #1
聖夜街の外れ、雪降り積もる世界。沢山の人が見守る中、処刑台へと上ったひとりの男。愛する世界のため、世界の敵となることを選んだ男、コードネーム・アーサー。俺がすべての責務を果たそう。そして消えよう、聖なる扉の最期の欠片として―。

扉の先へ:愛する世界 #2
ライルの持つ聖剣が貫いたアーサーの体。その聖剣を持つ手は震えていた。引き抜かれると同時に、真っ赤に染まりゆく真っ白な雪。そして、ライルは俯きながらアーサーに聖剣の鞘を差し出した。……なぁ。選択しろよ、お前が本当にどうしたいかを!

扉の先へ:愛する世界 #3
いつその力が暴走するかもしれない聖なる扉の欠片であったアーサーを救う唯一の方法、それは鞘の力を使い、その体を普通の人へと修復すること。鞘を受け取ったアーサーは残りの命を振り絞りながら、世界を見つめていた。あぁ、俺は決めていた。

扉の先へ:愛する世界 #4
そう、決めていたはずなんだ。だが、どうして。俺は死ぬのが怖いのだろうか。瞳から零れ落ちた涙。そうか、俺が恋した世界は、みんながいたから愛せたんだ。もし、許されるなら、いや、許されなかったとしても、俺はイマの世界で生きていたいんだ。

扉の先へ:愛する世界 #5
あの日、否定され続けた命は肯定された。そして刻は経ち、再び肯定されたその命。アーサーを包み込んだ鞘の光。みな、口を揃えてこう言った。世界の敵だったアーサーは処刑された、と。そして、みな、口を揃えてこう続けた。お帰りなさい、と。

扉の先へ:イマの世界

扉の先へ:イマの世界 #1
西暦2017年5月28日、聖なる扉の消滅を観測した。終わりを迎えた聖暦という時代。終わることのないイマの統合世界<ユナイティリア>。炎の少年、水の少年、風の少女、光の少女、闇の少女、無の少年、6人の長き冒険の旅は終わりを迎えた。

扉の先へ:イマの世界 #2
彼等の冒険を、最後まで見届けてくれてありがとう。彼らに代わり、私から礼を述べさせてもらおう。きっと、彼らはこれから過去になるだろう。だが、どうか彼らのことを忘れないであげて欲しい。イマを生きることを選び、必死に戦い抜いた彼らを。

扉の先へ:イマの世界 #3
不確かなイマ、それは決して完全なものでなく、脆く儚い世界。悲しいこともあるだろう。傷つくこともあるだろう。涙することもあるだろう。だが、それが生きるということなのだから。もし辛くなったら思い出して。必死に生きた彼らのことを。

扉の先へ:イマの世界 #4
彼らが生きた記憶は、みなの心の中で生き続けるのだから。そう、観測はここで途切れる。だが、それは決して終わりではないんだ。そうさ、イマの世界は続いていく。共に、不確かなイマを生きていこう。大丈夫さ、私たちと出会えた君なら、きっと。

扉の先へ:イマの世界 #5
そして、扉を越えた彼らになにが待っていたのか、もう少しだけ彼らの未来を覗いてみようか。それが、私から君への最後の贈り物だ。またいつの日か出会えることを願って、再会を約束しよう。さよなら。
記・観測神クロノス



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(32)
  • No.
    1

    アーサー、良かったね、お帰りなさい。
    これからは未来談か…大人になったアカネたちや時がたったアーサーたちも見れるのかな


  • No.
    2

    アーサーーーーーー!!!!!!!
    生きる選択をしてくれてよかった、そしてライル切ないがかっこよかった…(T_T)
    やっと、やっとアーサー戻ってきたんだね!!


  • No.
    3

    ディバインゲートはこれで完全に完結だな
    しばらくは未来の話ってやつが続くわけだが流石にその後はもうアプリ終わっちゃうんかな


  • No.
    4

    円卓と落ち合ったあたりやばい、泣くわ、高野ディーありがとう


  • No.
    5

    ケイ姉さんがいじらしいわ
    これでもうディバゲ終わりなんだな・・・今思えば不満言ってた頃もいい思い出に思える


  • No.
    6

    ロキはほんと最期まで異質だったな
    まったく同情できないけどディバゲで好きなユニットの1人だったからちょっと切ない


  • No.
    7

    ディバインゲート降臨が7月10日までになってるけどこの日にサービス終了?
    それか新主人公登場からの新ストーリーとかかな?
    ヒスイが絶望して終わってるから笑顔で終わらせてあげてヽ(;▽;)ノ


  • No.
    8

    わあああああああああ!!!!!!
    アーサーお前…


  • No.
    9

    ざっと全部見たけどアーサー涙したあたりでもう限界ですよ!!!!!!!!
    アーサー!!!!!!!!!!!!1お帰りなさい!!!!!!!!!!!!!


  • No.
    10

    ロキは最期までアーサーを見守っててちょっと怖かったが「負けだよ、サヨナラ」のあたりですごい悲しくなった…
    悲しくて楽しいやつだった、サービス終了まで現役で使うからね!!!


  • No.
    11

    精霊王達はゲートを破壊するために扉の中へ行って消えちゃったの?


  • No.
    12

    ここから7月10日のサービス終了まで怒涛のイベントラッシュになりそう。再醒もいろいろ来て欲しい。
    てかどうせ終わるならスクラッチ無料にしてくだちい。


  • No.
    13

    セブンスより先に終わるんか!


  • No.
    14

    なんか7月10日がサービス終了って夢見たんだけど
    本当?
    信じられないんだけど


  • No.
    15

    これでストーリーがちょうどよく終わったから、サービス終了でもいいけどね
    高野D卒業ならアクワイアはやばいかもな
    今後ガンホー主体でやっていく可能性もあるし、7月10日まで課金は控えたほうがいいかも


  • No.
    16

    新主人公、新ストーリーでアプリ一新してもいいんやで?
    消滅都市みたいにすればいいやん


  • No.
    17

    これで終わったら、大雑把なストーリーだなと思う
    キャラも使い捨てみたいにあっけなくやられてるし、ストーリーありきでさいせいしてるのはそのキャラが好きな人がストーリーで死んだらもうさいせいしないのはどうかと思うけど、まぁ区切り良く終わったよ
    ロードラみたいに中途半端に終わらずにおえて


  • No.
    18

    これからはアクワイアが切られてガンホーだけで運営するんだろう。
    今までのコピペイベントを繰り返しコラボ開催して石10個ガチャ。
    パズドラのようになりそうでいやだなぁ


  • No.
    19

    クロノスの最後の『再開を約束しよう』
    これを前向きに捉えることにするよ。


  • No.
    20

    アーサーおかえり…!
    なんだかんだ言ってディバゲ好きだから終わらないでくれ…


  • No.
    21

    いい感じに締めたね~(*^ω^)後はサービス終了まで突っ走ってくれ!ディバゲがスタートしてから今日迄続いているのは自分的に奇跡だから、きっちり終わらせてくれぃ(σ≧▽≦)σ


  • No.
    22

    サインとスピカ再醒してねぇのに!
    終わろうとしてんじゃねぇよ!
    運営(てめぇら)にはまだやることがあるだろ!アーサーが生きる道選んだんだから、
    運営もそっち選べよ、なぁ!


  • No.
    23

    ???「奇跡も、魔法も、あるんだよ。」


  • No.
    24

    流石にコラボ版権料とかあるから終わらないっしょ!
    また、新しくリスターとだな


  • No.
    25

    そういえば最初にゲート開いて常界と魔界と天界を繋げたのって誰だっけ?エリア多くてあんま覚えてないけどその説明まだしてないよね?


  • No.
    26

    彼等の冒険を、最後まで見届けてくれてありがとう。彼らに代わり、私から礼を述べさせてもらおう。きっと、彼らはこれから過去になるだろう。だが、どうか彼らのことを忘れないであげて欲しい。

    クロノスだけじゃなく、高野Dからのメッセージでもあるのかな
    そう思うと涙が止まらない


  • No.
    27

    アーサー好きだけどこの流れならころされるべきだった
    けじめはつけないとしんでった人たちが報われない


  • No.
    28

    泣いた


  • No.
    29

    おかえり、アーサー
    サヨナラ、聖なる扉
    ハロー、新たな仲間達
    僕は最後まで見届けさせてもらうよ


  • No.
    30

    150万DL記念エリアのエピソード見たら泣けてきた。いろいろ見返してみると面白いよねディバゲ


  • No.
    31

    クロノスで締めるのはいいね…( ;∀;)

    でも「願いの果て」の19.20がよく分からない…アカネ達と精霊王達一緒に入ったけれどでてきたのはアカネ達だけってこと?


  • No.
    32

    あれ?シオンは?


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ