ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

2,748PV

ストーリーまとめ

本日よりディバインゲートにて開催されるストーリーエリアのストーリーネタバレをまとめました。
ネタバレが苦手な方はバック端末のバックボタンで戻ることをお勧めします<(_ _)>


それぞれの想い

それぞれの想い #1
王の間を出た六人。そしてアカネがギンジへと述べた威謝。色々ありがとな。だが、次の瞬間アカネは眉問に皺を寄せ、ギンジを見つめた。全部知ってたんなら、なんで先に話き話さなかった。行き場の無い想い。どうして話してくれなかったんだ。

それぞれの想い #2
ギンジはその視線を交わそうとはしなかった。俺には俺の、俺にしか出来ないことをしたまでだ。そわは正論だった。ただ我慢を続け、評議会の犬であり続けたギンジの後ろ盾なく、聖常王の誕牛はありえなかった。だけど処刑するって言ったアイツは。

それぞれの想い #3
ありがとう、アカネくん。優しく声をかけたヒカリ。そして、そんなヒカリを見つめる五人。どうしてだろう、やっぱりこうなるってわかってた。溢すひとり言。だけど、やっぱりちょっと複雑だよね。それは女王としてでなく、妹としての言葉だった。

それぞれの想い #4
だけど、ヒカリはわかっててここに来た。そういうことなのよね。にこりと笑い返したヒカリ。ユカリの言葉は真実だった。きっと悲しみの結末をみんなが望んでる。そこには幸せな世界が待っている。だから、私はこのまま進み続けることに決めたよ。

それぞれの想い #5
僕にも少しだけわかる気がするよ。口を開いたアオト。きっと兄弟ってそういうものだと思う。例えその道が間違っているとわかっていても肯定をする。そしていつか真正面から否定する。だから、僕たちは迷わずに進み、そして彼を否定する。

それぞれの想い #6
アカネも、それで文句ないね。ミドリは問う。文句もなにも、俺は初めからそのつもりだ。そして解かれた不穏。ギンジ、悪かったな。俺のほうこそ悪かった。もっとオマ工たちを信じるべきだったな。再び集いし六人。それじゃあ、場所を移そうか 。

それぞれの想い #7
ギンジが案内したのは常界のとある地下施設。ここなら評議会の連中に聞かれねぇ。そして語られた評議会への不信。だが、統合世界の平和は評議会の手により守られてきた。だから、評議会を失えば民は混乱する。そう、まだ犬である必要があるんだ。

それぞれの想い #8
だから、聖常王は。ミドリのついた相槌。そう、あえて世界評議会の形式にのる形で即位した。アイツだって、わかってる。やるべきことはひとつじゃねえ。聖神のいる神界、六聖人のいる世界評議会、そのすべてが、いまの俺たちにとっての敵なんだ。

それぞれの想い #9
でも、それじゃあどうして聖神討伐なのかな。アオトの抱いた疑問。きっと、六聖人の出方を伺うためよ。代わりに答えたのはユカリ。聖神の処刑を助長するのか、阻止しようとするのか。それと、もうひとつの可能性。その両万の動きがあるとしたら。

それぞれの想い #10
私、ヒスイさんから聞いたことがあるの。世界評議会も、神様たちも、すべては「世界の決定」に従って動いている、って。いまその決定を下しているのが、アーサーさんだとしたら。深まるのは聖神への野惑。だが、アオトはその疑惑を否定した。

それぞれの想い #11
だとしたら、真っ先に僕たちを聖常王を止めているはずだよ。きっと、あの場所での会話はすぺて聞こえていた。だから聖常王はあえてあの場で、あの話をしたんだ。そして、その沈黙を一番に壊したのはアカネだった。

それぞれの想い #12
俺は行ったんだ、常界の始まりの地と呼ばれる場所へ。それは聖戦の裏側の物語。そこで触れたのは聖なる扉<ディパインゲート>のすべてのひとつ。再び訪れた沈黙。きっと、ひとつなんだ。そして、すべてなんだ。ひとつであり、すぺてだったんだ。



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(11)
  • No.
    1

    そわは正論だった。
    そわは正論だった。


  • No.
    2

    すぺてだったんだ!


  • No.
    3

    笑った!!


  • No.
    4

    とりあえず誕牛は直そうぜ…クローリー牛…


  • No.
    5

    ディパインゲート


  • No.
    6

    誤字脱字ばっかりで物語が頭に入って来ないんだが…


  • No.
    7

    これどうみても外国人が運営してるよな。
    漢字はおそらく読めないから直接文字を書いて読み込ませてる。ひらがなは音声入力だろうだけど、発音が拙くて入力にミスがある。濁点と破裂音が区別できてないところを見ると韓国語が母語の可能性が高いんじゃなかろうか。


  • No.
    8

    このサイトのミスの多さはかなりのもんだよな
    まあただの個人サイトだから別にかまわんけど


  • No.
    9

    り、両万…


  • No.
    10

    すぺて


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ