ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

7,220PV

【期間】2016/10/17(月)11:00~10/24(月)10:59

期間限定の「ジャンヌ(★5)」「ヴィヴィアン(★5)」が通常的中確率で登場!
さらに「アルル(★5)」を除く★5妖精族ユニットの的中確率が超絶×5UP!
また、期間中レアスクラッチから排出されるユニットは★4以上確定&LV:MAX&プラス3付き確定!
すぐに主戦力となるユニットを獲得できる、大チャンスだ!!

今回からスクラッチに「六大精霊ぼん」シリーズが新登場!
強化素材にする事で、そのリンクユニットの親密度を大幅にアップさせるぞ!
しかも今回は超絶×5UP!早速手に入れて使おう!



新ユニット「六大精霊ぼん」シリーズの紹介

超絶×5UP 対象ユニット

「六大精霊ぼん」シリーズは強化素材に使用すると親密度を50%も獲得できるとてもお得な新ユニットだ!
強化時の、属性や種族等へのボーナスも反映されるから親密度を上げたいユニットの属性に合わせた六大精霊ぼんを使うと、より効果的!!
レア 属性 ユニット
★5 イフリートぼん
★5 ウンディーネぼん
★5 シルフぼん
★5 ウィルオウィスプぼん
★5 シャドウぼん
★5 ゼロぼん

【期間限定】通常的中確率 対象ユニット

★5 ジャンヌ

★5 ヴィヴィアン



只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(51)
  • No.
    1

    完全に3月で終了だな。
    新コラボいくつかやって回収して終わり…
    六大精霊ぼんが課金新キャラとは思わなかった…


    • No.
      1.1

      終わるならわざわざ新規コラボなんて持ってこないから今のとこ運営は続ける気満々だと思うよ


  • No.
    2

    妖虹祭のバナーがかわいい


  • No.
    3

    今回のはさすがに擁護出来ない
    今後のスクラッチにも混ざるなら
    自分はもうスクラッチ引かない


    • No.
      3.1

      スクラッチはコラボスクラッチとかもあるから
      引かないは言いすぎやとしても
      さすがにこれはねぇ
      まぁしばらくは様子見ですね


  • No.
    4

    ディバゲが……終わる!?
    嘘だぁぁぁぁぁあああ


  • No.
    5

    強化キャラが課金キャラなの?
    凄いなこの運営信者が臭い物に蓋をしすぎた結果か 当然よな


  • No.
    6

    1シートで一体プレゼントとかだと勝手に思ってた俺w


  • No.
    7

    これこそお楽しみスクで出すべきだろ。失望したって言われても擁護できない?
    年末は様子見だわなぁ。


  • No.
    8

    これはひどい


  • No.
    9

    恐ろしい闇ガチャだ


  • No.
    10

    まぁ、引いてればでるだろうし気長に待つけど過去のユニットの焼き増しか・・・もう新しいユニット作るネタがないというか話が終わりそうだから新しいユニット出せないんだろうな
    高野ほかディバゲの開発も別のゲームに逃げてるし
    そのゲーム発売が今後のディバゲの命運やね


  • No.
    11

    新しく初めた人がさ、チップ溜まった!引いてみよう!ってなってさ、ぼん出たらどんな気持ちになるかとか考えなかったんかね


  • No.
    12

    さらにチャーム値+50でも付いてるならまだしも。


  • No.
    13

    これ見てもうやるきしなくなり残ってるチップ三周年に全部使った。
    チップ415枚使ってフェス限、新キャラなにもでなかった。
    四周年までログインゲートになります


  • No.
    14

    来月には円卓ぼんもラインナップ。
    年末にはなんと!ファティマぼんとヴィヴィぼんもくるぞ!
    正月にはハイエッグぼんが毎日貰える!
    ディバインゲートを今後ともヨロシク!


  • No.
    15

    『「六大精霊ぼん」シリーズは強化素材に使用すると親密度を50%も獲得できるとてもお得な新ユニットだ!』
    この文なんかムカつく笑
    特に
    とてもお得な新ユニットだ!
    ってところ
    親密度50%上がったところでなぁ


  • No.
    16

    チャーム+10とかだったらまだしも


  • No.
    17

    イッテツの降臨はこれのためかな?


  • No.
    18

    強化合成素材を課金ガチャに……新しいな、最先端だよな。革新的だな。付いていけんくらいぶっちぎってるよな


  • No.
    19

    強化素材をスクラッチに出すっていくらなんでもひどいわ。てか親密度あるに越したことはないけど、なくても全く困らないしな。


  • No.
    20

    今後通常のスクラッチにも混ぜてきそうやな
    てか、他のぼんも・・・まさか


  • No.
    21

    ハズレの金駒よりマシかな…と思ったけど虹駒でぼん
    出る方が嫌だよ


  • No.
    22

    通常的中確率は何%なんですか?


  • No.
    23

    リンク解除したら親密度0にされる仕様ってまだあるよね?
    どうせこのあとにNS,BS,AS全て100%カット、即死無効、割合ダメカウンター付きのくそ降臨がきっとくるんだろうね。


    • No.
      23.1

      そのうち手札が全部見えなくなるんじゃない


  • No.
    24

    あー分かった!そういうことか!次の滅級はリンクキャラしか攻撃が通らないのか


  • No.
    25

    2016年の年越しは星6フェス限通常確率、星5フェス限×2倍、普通の星5ユニット×5倍、ぼん×10とかになるのかな。そしてフェス限は全キャララインナップされないけど、ぼんは全キャララインナップって感じかな


  • No.
    26

    末期だな


  • No.
    27

    金駒を排除した上でその金駒を
    ぼんにあてがうなら評価出来る
    でも違うんだろう?


  • No.
    28

    機械竜ちゃん「ディバゲやるなよ!ぜったいだぞ!え?大精霊ぼん、スクラッチなの?きいてないよー」


    • No.
      28.1

      くっそ吹いたわ
      でもぼん当たって強化したとして、
      親密度上がってもなんの役に立つかわからん


  • No.
    29

    ゴ ミをスクラッチにわざわざ足すゴ ミ運営


  • No.
    30

    運営の人たちはこの企画を通すってどういう神経してるんだ。


  • No.
    31

    案外チャーム要員に使えるかもね。5回で100だしパックやティンカーイチより限突ユニポ安いし


  • No.
    32

    友情ガチャは無理でもユニットポイントで購入したりキークエスト専用ダンジョンでも良かったのに…


  • No.
    33

    終わる訳がないやろ (ーー;)


  • No.
    34

    引かなきゃいいだけなんだけど、ユーザー舐めすぎだわ


  • No.
    35

    確かになぁ…これは酷いなぁ
    俺は三周年で搾られたのはまだしも
    精霊ぼんを課金にするのは援護できないなぁ…
    続けるけども、これはちょっとね


  • No.
    36

    見た瞬間寒気がはしったわ


  • No.
    37

    今まで強化素材を課金ガチャで出すっていうゲームを見たことないんだけどあったの?


  • No.
    38

    最初から始めていて70万円近く課金してきたけどもう二度と課金はしない。
    ログインゲートで終わるまで見守るつもり。
    追想がクリアできないし、ミッション報酬が貧相になってやることが元からないだけだけど


  • No.
    39

    70万課金して追想クリア出来んのは普通に雑魚


  • No.
    40

    初期は豚や主人公がスクラッチでてたから、その頃回してるとろくなキャラいなんだろう


  • No.
    41

    最初の頃って確か、進化神殿のモノ系
    スクラッチで出てた気がするなぁ
    あれより酷いのは…ね。


  • No.
    42

    回すお金とチップ尽きてるから9連できないけど今回回した人どのくらいぼんが出てるんだろ?


  • No.
    43

    引いたけど機械竜と機会娘ばっかだったわ


  • No.
    44

    元からフェス限の確率低い→さらにぼんシリーズを入れて低くする→結果︰運営はフェス限を引かせる気は無い。


  • No.
    45

    ここまでユーザーからも非難されているけど信者ども息してるか〜?


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ