ディバインゲート攻略速報|ディバゲ攻略・まとめ速報

まだデータがありません。

9,825PV
CQn-tZ6VEAAOo67
再醒ユニット情報まとめ!
東従者オリエンス
西従者アリトン

公開された情報をまとめました!
スキル&ステータスに、プロフィールを追加!!


東従者オリエンス
オリエンス
プロフィール
やっぱり、完全世界なんてなかったのよ。そして、オリエンスは左目を抉った。これで、お別れね。それは教団との決別を意味していた。私はこれで不完全な存在になったの。だが、東従者となった彼女の残された右目には光が宿っていた。私の居場所なら、初めからあったのね。残された右目で見つめた一人の少女。けひひ。


ステータス
No.1479 東従者オリエンス
属性 種族 妖精
最大LV 99 コスト 70
レア度 ☆7 最大EXP

  初期 最大 最大+99
HP 2444 3434
攻撃 3620 4115


スキル
Learder Skill 東の従者
風属性のHPが1.8倍、攻撃力が3倍。
さらに、2・3パネルのヒールスキルが成立した時、攻撃力が2倍になる
Active Skill フールプルーフ
1ターンの間、味方全員の攻撃力が2倍になり、5ターンの間、味方全員のアクティブスキルが封印状態になる
ターン:29 → ?
Nomal Skill インコンプ・ウィンドミル
敵単体に風属性の超絶大ダメージを与える
Nomal Skill ドメスティック
敵全体に風属性の絶大ダメージを与える
■BOOST:さらに、SPが2回復する



西従者アリトン
アリトン
プロフィール
その日、西魔王は二度死んだ。旧西魔王は新西魔王を討ち、そして旧西魔王は、西魔王だった自分を殺した。だから、僕は何者でものない。そして、アリトンは自らの手で、自らの道を選んだ。僕は、死ねないんだ、死んだらいけないんだ。そっと、水面が微笑み返す。僕は、生きて、そして、罪を重ねることで、償うから。


ステータス
No.1478 西従者アリトン
属性 種族 人間
最大LV 99 コスト 70
レア度 ☆7 最大EXP

  初期 最大 最大+99
HP 2500 3490
攻撃 3488 3983


スキル
Learder Skill 西の従者
水属性のHPが1.8倍、攻撃力3倍。
さらに、ヒールスキルが成立していない時、攻撃力が1.2倍になる
Active Skill レインズ・ケア
HPを35%回復する(SP消費:1)
ターン:5 → ?
Nomal Skill ワダツミ:水通式
敵単体に水属性の特大ダメージを与える(CRT+13%)
Passive Skill アクアシフト:ヒールダウン
水パネルの出現率が少し上がり、回復パネルの出現率が下がる





只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(39)
  • No.
    1

    アリトンはただ純粋に強化された感じか

    オリエンスはフィンセントともベイベとも相性良くなってかなり嬉しいね


  • No.
    2

    オリエンスは使いやすくなったな。
    ワンチャン俺の風パに入る


  • No.
    3

    虹一個だったら魔王系は全員再醒させる価値が大いにあったんだがなぁ
    まースルー安定だな


  • No.
    4

    ちょっと虹石進化させてくる。けひひ


  • No.
    5

    マーリンが2パネのエナジーヒールだから、あとはドメスティックと一緒に発動できるハートハート風の回復持ちを入れたいところだが何かいたっけ


    • No.
      5.1

      シェイクスピアとか?
      ハートと風1枚ずつだった気が


      • No.

        みすった、1枚ずつじゃ意味無いか


        • No.

          ここさけコラボの風の子とかは?
          風2枚、ハート2枚と風1枚でそれぞれ回復スキル持ってるが


    • No.
      5.2

      シュタゲのスズハとか?


  • No.
    6

    最近はHP2倍でも辛いのに1.8倍か…
    使ってみたいけど虹三個使うのは気が引けるなー


  • No.
    7

    オリエンスはシェイクスピアといい感じか?


  • No.
    8

    てかオリエンスのLSアマイモンの時と説明違うから2と3のヒールスキルを両立しなくていいんだよな?


  • No.
    9

    マダナイがハートハートで回復だったよ。


  • No.
    10

    あっ、3パネスキルか。


  • No.
    11

    アリトンに大聖石はもったいないなー
    そんな変わってない気がする


  • No.
    12

    アマイモンのときは確かに[両方]と明記されてた。2パネヒールスキルだけでいいなら、だいぶ強いな


  • No.
    13

    再醒ラプラスがサブでいけるかな?


  • No.
    14

    今みたらリーダースキル詳細載ってた
    要約すると、ノーマルスキルじゃなく、
    普通に回復パネルを2枚と3枚に分けて入れればいいらしい
    強いけど、回復パネル2枚、3枚入れたところは、ノーマルスキル2しか使えなくなるから、使いにくい。
    小野寺ミドリあたりをサブに入れないと厳しそうだな


    • No.
      14.1

      ハート回復じゃないとだめなのか
      こりゃ、確かにきついわ
      一気に9枚ハートは出せない


      • No.

        9枚入れてSP回復したいのか?
        攻撃のみなら、サブにサナエ(エンハとパネル)と小野寺ミドリ(パネル要員)いれて、フレンドヒスイ(HP要員)にして、エンハかけて、回復3枚と2枚と1枚に分けていれて、後は回復1枚のところに風4枚、空いとるところに風ぶっこめばいいんじゃないの?


        • No.

          ダメージ倍率間違えてた、ウィンドミルが超絶大か


  • No.
    15

    妖精王ルフェイとも相性良さそう


    • No.
      15.1

      リーダースキルとしてはいいが、ノーマルスキルが噛み合わんな。NS1全体大ダメージだし、NS2だと回復パネル10枚必要になるし(回復2枚、3枚のとこに加えると、リーダースキル発動しないから)辛いな。


      • No.

        くそー上手く行かんな…
        オリエンス強くなったが使いやすくなったのかどうかまだ分かんないわ(;´Д`)


  • No.
    16

    虹の大聖石二個持ってるけど、ヴィヴィアンとファティマ用にとっておく。

    それにしても最近多くのフレンドがアリトンをリーダーにしてて邪魔だわ……


    • No.
      16.1

      プラカジやらんの?


      • No.

        なんでプラカジにアリトン使ってんの?
        聖学アーサーでよくね?って思ってんだが


        • No.

          邪魔なら片っ端からフレ切ればいいと思うよ


      • No.

        プラカジはアリトンが早い


  • No.
    17

    ラプラス
    オリエンス
    ラプラス
    フィンセント
    ラプラス
    でパーティ決まりやな


  • No.
    18

    トンのスキルがろじん要素とか嬉しい
    トンは超特大にはならんのかー
    まぁ降臨だし仕方ないな。
    さてと…(虹石を見る)


  • No.
    19

    あの運営が金かけなくても手に入るユニットをガチャ限並みに強くする訳ないだろ。ほぼなんらかのデメリット持ちじゃん。アリトン、オリエンス、マリナ、メイザースにしてもさ。無課金ユニットに属性シフトがついただけでもマシと思った方が利口。


  • No.
    20

    プラスカジノって等倍でも抜けるのに
    アリトンとかアーサーとか使う理由がわからない
    各属性の2パネ全体入れれば良いだけじゃないのか


    • No.
      20.1

      どんな編成でやろうが自由でしょ


    • No.
      20.2

      バックアタックとかで時間ロスするから
      弟3人ぐらいトラキャン入れてルリで一掃
      ほぼ水しかでないから 楽


    • No.
      20.3

      等倍で抜けるのは当たり前だ
      プラカジの場合はどれだけ早く周回出来るかだ
      だから
      アリトン×4(フレンド含む)+ミクルリorルリが一番最適


  • No.
    21

    個人的にはBAキャンじゃなくてBA:FAキャンを作って欲しい


  • No.
    22

    アリトンの下の水たまりよくみてみて
    縞の袖と靴下から判断するに
    ロジンが反射してるよ!

    このイラスト気に入ッた!


  • コメントを書く

    コメントを残す



    Optionally add an image (JPEG only)

    このページのトップヘ